限りないトラブル

借地権というものに対して正しく理解出来ているでしょうか。借地権という性質は、上にたっている建物の所有権が借主にあり、地主が土地を所有しているタイプのことです。
地主は自分の土地でありながら土地を好きなようにはできない訳ですが、期限までということです。しかし期限が切れないならなかなか貸し主は、借り主に出ていってもらうことが出来ないのです。不動産屋に売ろうと思っても、なかなか思い通りにはいかないでしょう。借地権があるということは土地の価値がダウンしてしまうことを意味します。

借地権が切れたケースでも、借り主は、地主に対して土地を売ってくれと請求する権利をもっていたりします。これがまたまたトラブルになる原因を抱えていると言います。更に様々なトラブルを抱え、固定資産税は地主が支払いしなければならないのに、土地を貸すお金はすごく安いという問題点も抱えていたりします。

実際に、借地権に対して、トラブルの数を数え上げればきりがないというのが現状のようです。更に、借地権がある場合、地主に無断で家を売ることが出来ないとも言いますし、ケースバイケースで出来る場合もあるようですが、家の増改築も出来ないと言います。